スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

8月, 2015の投稿を表示しています

9月

涼しくなって来て、気持ちいいような、寂しいような。 9月からの演奏予定です。是非!




9/4(fri) 中納良恵 "Slow LIVE'15 in 池上本門寺"  会場:東京都 池上本門寺 野外特設ステージ  編成:中納良恵(Vo,Pf)、菅沼雄太(Ds)、伊賀航(Ba)、YOSSY(Key)、 武嶋聡(T.Sax,Cl,Fl)、icchie(Tb,Tp)  その他、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。 http://lultimo.jp/smsl/

去年はCaravanで出演した池上本門寺。独特の雰囲気があります。 このバンドでの演奏はこれでひと段落。是非見に来てください。


 *


9/6(sun) CARAVAN "JIN ROCK FESTIVAL in KAMO 2015"  場所 : 新潟県 加茂市 加茂山公園 野外ステージ  info https://www.fmport.com/JINROCK/


*


9/11(fri) 『YOSSY LITTLE NOISE WEAVER shiiboカレー付 Live』  @ 京都 aunoun parlour  開場:19:30 開演:20:00  チケット:¥4000(カレー付)  ※まるで友人宅のリビング的な空間でひっそりと開催し好評の完全予約制のカレー付きライブ。 第4回目開催!20名限定ライブです。  来られたい方はaunoun parlourまで。

上記ののライブは、事情により中止になりました。
大変申し訳ありません。
ご予約の方には中止の旨ご連絡致します。




*


9/21(mon) YOSSY LITTLE NOISE WEAVER @下北沢インディーファンクラブ YOSSY : Vo, Key  /  icchie : Tp  /  菅沼雄太 : Drums この日はトリオでの出演です。


*


9/22(tue) YOSSY LITTLE NOISE WEAVER @名古屋・金山 ブラジルコーヒー 出演:松竹谷清+エマーソン北村、YOSSY LITTLE NOISE WEAVER  YOSSY : Vo, Key  /  icchie : Tp (DUOでの出演) 19:00 open / 19:30 start  料金:予約 \ 2,800 当日 \ 3,000(共に+別途1d)  予約・問合せ prism4836@g…

夏の旅

8月上旬の2週間、京都を出て演奏の旅に出ました。








ハナレグミ J-WAVE LIVE (代々木代位一体育館)

中納良恵 ライジングサン

サマソニ



めまぐるしく動いて京都に戻ると、少し涼しくなっていました。




生駒祐子(mama!milk), YOSSY DUO 

京都でmama!milkのお二人に会って、お互いの旅の土産話もしつつ 4人で音を重ねる時間は格別でした。
mama!milk きんせ旅館(三日月集会)


リハを終えて外へ出ると美しい三日月



暑い中いろんな人たちに会って、お世話になり、一緒に音を出せたことに感謝しています。


*


8月

京都の夏は暑いです。

*

先日のフジロックでは、幾つかのライブに参加させていただきました。 ハナレグミのField of heavenは多くの人が集まってくれて、崇くんの歌に集中して耳を澄ます お客さんとの空気感が最高でした。
ハナレグミのライブの前にHeavenに出演していたKitty Daisy & Lewisは、最近何度も来日してたけど なかなか見れなくて、今回舞台袖から見ることができて良かった。 魅力的な音楽家族。 音源も良かったけど、ライブは最高でした。
以前僕がCool Wise Manというバンドにトロンボーンで参加していた頃に、 オーストラリアのフェスツアーで出会った、ジャマイカ出身のトランペッター、 EDDIE TANTANにも久しぶりに再会できて、80歳を超えても元気な姿に感動しました。 彼の音はとにかく暖かくて澄んでいて最高です。
僕のキャリアは小学校の時に父親からトランペットを教えて貰ったことから始まり、 30歳を超えてからトロンボーンに持ち替え、数年ははトロンボーンしか吹いていませんでした。 すっかりトロンボーン奏者となった頃CWMのツアーでタンタンと出会って、 彼の音を聴いたことがきっかけになり、またトランペットを再開したのです。
BOB MARLEY、BEATLES、ASWADなどで活躍した彼のサウンドは太くて暖かく、インスピレーションを刺激されました。
彼が使っているマウスピースはBACHの"1"という、非常に大きな型番。 クラッシックの奏者に人気のある豊かな音が出る型番で、POPSでは大きすぎてきついため、 このマウスピースを使う奏者はほとんど居ないと思いますが、 彼はその型番をトランペットをはじめた頃からずっと使い続けていて、 それが彼の大きく豊かな音色にもつながっていると思います。 鳴らすのは大変だけど、鳴らすことができればとても豊かな音がします。
僕もその音色にヒントを得て、また、トロンボーンを学んだ経験などいろいろなアイデアがあって、 トランペットを再開してから大きな型番のマウスピースを使ってみることにしました。
Kitty Daisy & Lewis、秋にはエゴラッピンとのライブで再来日するので、興味ある方は是非見に行って欲しいです。

http://www.overheat.com/riddim/issues/no/308/eddie_t…