スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2013の投稿を表示しています

大貫妙子トリビュート・アルバム

参加したハナレグミの曲が大貫妙子さんのトリビュート・アルバム、 –Tribute to Taeko Onuki-が近日リリースされます。
崇くんとトキくんとYOSSYと4人で9月のツアー中に作っていたもので、 ツアー中休みに京都のうちの家で、残りはツアーファイナル後に東京のハナレグミの プライベートスタジオで録音しました。
僕は前半の録音、アレンジ、編集、トランペット、トロンボーンなど。 だれそかれそとはまた全く違った実験的だけどポップな曲になりました。
ツアー途中で一回解散した4人が京都で合流して、ドライブしたり、温泉行ったり、 CD聴いたり、鍋したり。 どの曲をカバーするかも決まって無いところから、徐々にはじまって、 音を重ねていってだんだん出来てきた面白いアレンジです。 ツアー中の短期間の制作でしたが、思い入れ深い1曲になりました。 大貫さんは音楽活動40周年だそうです。 他の参加者も偉大な方ばかりで、完成盤を聴くのが楽しみです。
是非聴いてください。
タイトル:大貫妙子トリビュート・アルバム -Tribute to Taeko Onuki- 発売日:12/18 予定 品番:RZCM-59438〜9 形態:CDアルバム2枚組 価格:¥3,990(税込) / ¥3,800(税抜) 発売元:commmons / エイベックス・エンタテインメント
【DISC 1】 豪華アーティストによる大貫妙子楽曲のカバーを収録 □参加アーティスト(五十音順) 奥田民生 岡村靖幸+坂本龍一 KIRINJI Salyu×小林武史 寺尾紗穂 ハナレグミ THE BEATNIKS(高橋幸宏+鈴木慶一) 松任谷由実 宮沢和史 ほか 
【DISC 2】 過去にさまざまなアーティストによってカバーされた大貫妙子の名曲を収録 □収録曲未定
http://onukitaeko.jp/info/2013/09/40.html

Doces Barbaros

最近はJOBIM NIGHTもライブが増えてきて、自分の中のブラジル熱がちょっと復活してきた。
20代の頃ピエール・バルーの「 サラヴァ」を見て、その中でマリアベターニアと トロンボーン奏者が2人で演奏する光景に痺れてトロンボーンをはじめたことを思い出したり。

今はYOUTUBEで何でも見る事ができるけど、その当時は先輩の家でビデオを見せてもらって、 食い入るように見入ってた。 ブラジルの音楽はその当時から好きだったけど、納得出来る演奏をするのは その当時の自分の実力や環境では難しかった。(もちろん今も)



MPBっていう潮流の音楽も好きで、GILBERTO GILは特によく聴いた。









しばらくブラジル音楽から遠ざかってジャマイカの音楽に随分縁があったけど、 JOBIM NIGHTをやることで、またブラジル音楽に触れる事ができて嬉しい。 で、最近購入したのが「Doces Barbaros」のDVD。


これは再結成のやつで、オリジナルは70年代。 どちらも見たけど、今の自分には再結成のやつがしっくりくる。
いい感じに年を重ねて、こんなに仲良しで居れる4人って素晴らしい。




YOSSY LITTLE NOISE WEAVER @吉祥寺キチム

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、久々の東京でのライブです。 今回は、サックス奏者の武嶋聡(from EGO-WRAPPIN' AND THE GOSSIP OF JAXX)をむかえ、 トランペットとサックスの2管のアンサンブルとピアノというアコースティックな編成でおおくりします。 
武嶋くんとはEGO WRAPPIN'を含めて結構古い付き合いになります。 YOSSY LNWのライブも以前手伝ってもらったことがあります。 本当に素晴らしい音楽家で、久しぶりに一緒に出来て本当に楽しみです。
前回の大阪のライブも盛況でいい雰囲気だったYLNWのライブ。 皆さん是非遊びにきてください。





出演 YOSSY LITTLE NOISE WEAVER  YOSSY ピアノ・ヴォーカル  icchie  トランペット  武嶋 聡  サックス フルート
日時 12月12日(木) 開場 19:00 開演 19:30
場所 キチム(吉祥寺)
前売 2,500円(要1DRINKオーダー) 当日 3,000円(要1DRINKオーダー)

ご予約方法 <店頭予約> カフェ&ショップ営業時、店頭にて販売しております。 (イベントなどでご入店できないこともございますので、営業時間をご確認の上お越しください) 店頭チケット特典:優先入場(メール予約の方より先にご入場頂けます)
<メール予約>「お名前(ふりがな)、携帯番号、イベント名、人数(4名様まで)、
お連れ様のお名前」を添えて、メールにて下記アドレスまでお申し込みください。 yoyaku2@kichimu.la ○メールの受信拒否設定をされている場合、キチムからのメールが届きません。設定の変更をお願いします。 ○1週間経ってもキチムからのメールが届かない場合、再度ご連絡ください。その際、別のアドレスをお持ちの方はあわせてご明記ください。 ○イベントに関するお電話でのお問い合わせはご遠慮ください。
○当日は整理番号順の入場となります。 整理番号は予約完了メールにてお知らせいたします。 
キチム 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-14-7 吉祥ビルB1 





JOBIM NIGHT ライブのお知らせ

久しぶりにJOBIM NIGHT ライブのお知らせです。
今回は関東4箇所と京都でのライブです。






12月13日(金)
千葉 流山 CAFE & GALLERY ANTIGUA ・開場/ 開演… 18:00/ 19:00 ・ 前売り/当日、2,500/ 3,000  (+1drink order) ・住所… 千葉県流山市加 3-4-23 ・予約… 04-7158-8969 ・WEB… http://cafe-antigua.com/

*

12月14日(土)  東京 岩本町 OnE drop cafe. ・開場/ 開演… 17:00/ 18:00 ・ 前売り/当日、2,500/ 3,000 (+1drink order) ・住所… 東京都千代田区岩本町2丁目9-11 ・予約… 03-5829-6822 もしくは info@onedrop-cafe.com ・WEB… http://www.onedrop-cafe.com/

*

12月15日(日)
つくば 千年一日珈琲焙煎所 ・開場/ 開演… 18:00/ 19:00 ・ 前売り/当日、2,000/ 2,300

アンさんとTANTANと

ここしばらく作業続きで自宅にこもってましたが、 昨日今日と久しぶりにライブに誘ってもらって遊びに行ってきました。

まずはアン・サリーさんのライブ。
こちらはJOBIM NIGHTでお馴染みの小池龍平くんに誘ってもらって。 メンバーはアンさん、小池くん(ギター)、飯田さん(トランペット)のトリオ。
京都府庁の旧本庁。 かなり古い建物でしたが雰囲気はばっちり合ってて、アンさんの適度にざっくりした スタイルもあって気持ちの良い午後のライブでした。 唄声がナチュラルで自由で、バンドもリラックスしてて最高でした。 ファンです!





*



で、翌日はCOOL WISE MANのマネージャー長崎さんやイベンター、SMASHの栗澤さんに呼んでもらって The TROJANSのライブを見に梅田クアトロへ。



CWM時代にオーストラリアや日本を一緒にツアーしたりレコーディングしたお馴染みTANTANと 久しぶりの再会! 会いたかった~と再会を喜びつつ、あまり通じないパトワと英語での会話で、すぐ言葉に詰まってしまうけど 気持ちは通じます。

もう80歳超えてるはずだけど相変わらず滅茶苦茶元気で本当に嬉しかった。 会うといつも「お前のプレイは最高だ」と褒めて、メンバーにナンバーワントロンボーンだと 紹介してくれる。





TROJANSのライブは総勢14名のメンバー。
ライブを見るのはひさしぶりだったけど、相変わらずの滅茶苦茶楽しいライブ。
リーペリーの一連のレコーディングやレゲエの数多くの名盤で有名なトロンボーン奏者VIN GORDONや 日本からロンドンにサックス持って移り住んで、SKA CUBANOやTOP CATSでも活躍するミス・メグー、 バグパイプやバイオリン(フィドル?)などが絡んだイギリスならではのミクスチャー感は 前から良く聴いてて知ってるつもりだったけど、久しぶりに聞くとまた新鮮な面白さ発見できてよかった。
お客さんも自由な雰囲気にリラックスして大騒ぎに。



タンタン、EDDIE "TANTAN" THORNTONはジャマイカ生まれのトランペッター。 イギリスに移り住んでトランペット1本でヨーロッパを転々と出稼ぎしながら渡り歩いて家族を養い、 BEATLESとのレコーディング経験もあるという。
トランペットは相変わらず素晴らしくって、音色は太く明るく張りがあって、 CWMのときに間近で生音を聴けたのは本当に良かった。 彼の音色に…

Venusmars × YOSSY LITTLE NOISE WEAVER

YOSSY LITTLE NOISE WEAVERの京都でのライブ情報です。

YOSSYの旧知の友人、鹿島羊里子さんのファッションブランド、 ”Venusmars(ヴィーナマーズ)”とのコラボレーション企画です。



Venusmars × YOSSY LITTLE NOISE WEAVER 
2013年11月29日(金) @京都 flowing KARASUMA 開場19:00 / 開演20:00  前売)3,000yen (w / Welcome Drink) 当日)3,500 yen (w / Welcome Drink) 

ファッションブランド”Venusmars(ヴィーナマーズ)”展示・販売会が 11/22(金)~12/9(月) flowing KARASUMA 1Fギャラリーにて行われます。 展示会期間中の11/29(金)には Venusmars鹿島羊里子 と旧知の仲であり、 Venusmarsの大ファンでもある YOSSYが コラボレーション企画として、 YOSSY LITTLE NOISE WEAVER のライブを開催します。

今回のライブでは、ウッドベース奏者、船戸博史をむかえ、アコースティックなトリオ編成でライブを行います。 初冬にふさわしい、あたたかい音のライブになると思います。ぜひお越しください。

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER   ウーリッツァー・ヴォーカル:YOSSY   トランペット:icchie    ウッドベース:船戸博史


Venusmars  鹿島羊里子 プロフィール 1993年 Venusmarsのデザイン 制作活動開始 1999年 Venusmars シルク、コットン、リネン、ウール等の天然素材を中心に手編みニット、 細部は手作業での刺繍、パッチワーク、等を織り交ぜ、大量生産目的ではなく 受注分のみの制作を日本各地の工場での生産。 Made in Japanを基本として始動 同年グループ展参加 以後S/S, A/Wコレクション年2回展示会ベースで活動 その他の活動に衣装制作等 2006年よりUAの衣装製作開始 2007年 UA 黄金の緑PV, JK衣装制作 UA [Golden Green ]ツアー衣装制作 2009年・2010年 UA ツアー衣装制作 以後S/S、A/Wコレクションを毎年発表。 現在、展示・販売会を定期的に開催し、発表をつづけている。 それぞれ人が着た時…

Quiet Fanfare

CARAVANの新しいアルバムのサンプルが届いた。
"Quiet Fanfare" CARAVAN

CARAVANのプライベートスタジオに呼んでもらって、トランペットと トロンボーンを重ねたのは初夏の頃だったはずだけど、 もう随分前の事のように感じる。
今回のアルバムはCARAVANが殆どの楽器を演奏し、録音し、ミックスしていて、 自分の納得のいくようにものをできるだけ自分の手で作りたいっていう 今の気持ちがまっすぐ込められたアルバムになってると思います。

2013/11/16 Release ! 皆さんぜひ聴いてください。


8月〜

8月からはずっと熱中してました。

自分の記録の為にもちょっと書いておくと、、、
8月は ハナレグミのツアーの為のリハーサル、アレンジメント、機材の準備。 そのツアーの為にトランペットとトロンボーンの2本の練習。 自宅での制作とレコーディング。(CMや新しいプロジェクト) icchie & YOSSYのライブのリハーサル。
9月は ハナレグミのツアー。合間に練習をがっちり。 その合間の制作(これもハナレグミ!) そのツアーメンバーとのセッションライブのリハーサルと本番。
10月に入って icchie & YOSSYのライブ。 そして10月に入ってYOSSY LITTLE NOISE WEAVERのリハーサルと長野大町での Peaceful Gardenでのライブ。 京都に戻って制作。
ほぼ休みなく何か作業する毎日が今日も続いていて、 なかなかブログで告知もできないまま 何本かライブも終わってしまいました。
まずはこの夏を一緒に過ごしたハナレグミに感謝しています。 リトルテンポの土生くんに誘ってもらってレコーディングに参加したのが、去年の9月。 それ以来数曲を一緒に制作したけど、まさか今年こんな充実したツアーに参加でき、 濃い夏を過ごすことになるとは全く予想していなかった。
自分のできることは全部出しきって、滅茶苦茶面白いツアーになりました。 ハナレグミ永積崇くんの音楽に対する純粋な姿勢に大きな影響を受けたし、 自分のいいところも発見でき、新しい課題もたくさん見つかった。 いろんなヒントとエネルギーをもらえた最高の体験でした。
一緒に演奏した今回のツアーのメンバー、スタッフも本当にすばらしい方ばかりで あまりに得るものが大きくて感動の毎日でした。
土生“tico”剛 / Steel pan
石井マサユキ / Guitar 市原“icchie”大資 / Trumpet、Trombone 市原“YOSSY”貴子 / Keyboards 真船勝博 / Bass 椎野恭一 / Drums

感謝。
今回のアルバムのジャケットを描き、ツアーでもスライドを披露してくれた アミイゴさんの絵もすばらしかったです。

ツアーの中休みとツアー後の時間で土生くん、永積くんと俺とYOSSYの4人で 新しい制作もやりました。 これもまた滅茶苦茶面白いレコーディングで、濃厚な時間でした。 こちらもまた発売のころお知らせします。
ツアー後にいくつかやったセッシ…

icchie & YOSSY @葉山DAYS386

去年の夏、JOBIM NIGHTでライブして、とてもいい感じだった葉山の海の近くのカフェ、DAYS386で 今年はYOSSYと2人でライブすることになりました。 アップライトピアノと唄とトランペットの編成です。


Monday Lounge Cafeはお馴染みDJ Tommyさんのイベント。 Tommyさん、いつもありがとう。
夏の終わりごろに最高の場所です。
お近くの皆様是非来てください。







8月23日(金) 
Monday DJ Lounge Cafe 386RTS Vol.16 @葉山DAYS386

毎月最終月曜日に葉山DAYS386で開催している通称マンラジですが、 8月はサマースペシャルで8/23の金曜日開催。 なんと昨年Jobim Specialでライブをしてくれた、元デタミネーションズのIcchie & Yossyさんがアコースティックライブで参加。 僕が個人的に国宝級に崇拝するお二人のライブとご一緒なんて、かなり楽しみな夏の夜なのです。
Live: ・Icchie http://www.busrecords.net/icchie/ (icchie SPECIAL SESSION BAND / ex.Bush of Ghosts /ex.Determinations) ・Yossy http://www.busrecords.net/yossy/ (YOSSY LITTLE NOISE WEAVER / ex.Bush of Ghosts /ex.Determinations)
DJ:Tommy Returntables(Sankofa) http://tommyrts.blogspot.jp/

京都の夏は暑いと予想していましたが、やっぱり滅茶苦茶暑いです。

暑すぎて思考が止まってしまうこともしばしばありますが、夏生まれだからか、 体調はすこぶる良いです。
*


先日はハナレグミのリハーサルの一回目があって、3~4日三鷹に滞在していました。 今回のツアーのメンバーは豪華な面子で、リハーサルもやってて楽しいです。

三鷹では永積くんに教えてもらった「食べ物村」っていう自然食のお店の昼ごはんが、 とにかく美味しくて、毎日通ってしまいました。 おかず、漬物、味噌汁、ご飯、どれも滋味溢れる、いいお味でした。

あと、餃子の「ハルピン」。 ここはギターの石井マサユキさんに教えてもらったんですが、店主は無愛想ですが(笑)
さっぱりしててこちらも無茶苦茶美味しい! もう一回食べたい!


リハーサル以外はリハの録音を聴くか食事してるか。 充実の3日間でした。

色々課題も見つかって、8月のリハまでに色々アレンジしています。 面白いカバーl曲もあって、楽しいツアーになりそうです。 お楽しみに!


*


で、京都に戻って、全然違うことがしたくなって、前から気になっていたこの展示を見に 京都国立近代美術館へ。




「鈴木治」展


戦後の日本陶芸を代表する陶芸家の一人とのことで、
恥ずかしながら今回見に行くまで何も知らなかったんですが、
赤茶色と青白い陶器の質感が最高に気持ちよかったです。

肌触りや質感は音質に似てて、理屈じゃない気持ちよさがありますねー。
トランペットやトロンボーンでも音質を磨く為にイメージしたり、ロングトーンをひたすら
続けたりしますが、そんな質感に対する愛情と執念を感じました。

質感の魅力は言葉や文化を超えて伝わる可能性があると思います。




夏の岡崎もいいかんじでした。









*





で、少し前になりますが、京都の音楽家で、僕も何回も共演させてもらっている
mama!milkのお2人の参加している舞台を観劇してきました。




白井晃さん演出の「オセロ」はシェイクスピアの原作を元にした現代劇で、
mama!milkとチェロの波多野敦子さんの3人で舞台上で生の演奏が付いています。


ほとんど演劇は見たことがなかったんですが、「オセロ」が見事に現代風にアレンジされているだけでなく、
演奏や細かな演出の間合いが最高に子気味良くて、気持ちよい時間でした。

旧知の音楽家がいい仕事をしているのを見れて、感慨深いものがありました。

演劇の音楽はまた独特の世界で、セリフや感情、物語の起伏…